育成と恵愛の精神を持って信頼される病院を目指します。

TEL. 0493-23-1221

MRI

MRI (磁気共鳴断層撮影装置)とは?
磁気共鳴断層撮影装置 (Magnetic Resonance Imaging略してMRI)は、人体に影響のない大きな磁石と電波により人体内部を撮像する装置です。
軟部組織のコントラストに優れ、頭頚部(主に脳神経外科・神経内科領域など)、体幹部(消化器外科など)、四肢(整形・形成領域など)、脊椎・脊髄(整形領域など)、
を寝ているだけで全身の断層画像をあらゆる角度で撮像できます。

被ばくはありません
一般撮影やCT(Computed Tomography)で使用されるX線や、放射線治療で使用されるガンマ線などの放射線は使用しません。

注意事項があります<WARNING>
超伝導磁石を使用している場合、強磁場は24時間、システム全ての電源を切っても発生し続けます。
強磁場の影響が人体に害を及ぼす可能性があるので、検査室内に金属類を持ち込むことが出来ません。
検査する前には、必ず金属類が体内外にないことを確認して下さい。

MRI注意事項MRI注意事項

当院のMRIの紹介
<当院はMRIを2台稼働しております。また、当日予約もお受けしておりますので、担当医にご確認下さい。>

MRIMARI

MRIの画像

MRI画像MRI画像MRI画像MRI画像MRI画像MRI画像MRI画像

MRI検査を受けられる方へ
  • 検査前に問診表を記入していただきますのでご協力ください。
  • MRIの検査時間は検査内容によって異なりますが、約20~50分程度かかります。
  • 検査前は特に準備していただくことはありません。検査当日の食事は普通におとりください。
  • 服用中の薬は、主治医からの指示がない限り通常通り服用してください。
  • MRIは強力な磁石を使用しているため、キャッシュカード等の磁気カード・時計・補聴器・使い捨てカイロなどは検査室へ持ち込めません。
  • ペースメーカー、人工内耳、神経刺激装置等の体内に電子電機部品がある方は検査を受けることができません。
  • 同様に、脳動脈クリップや人工関節、歯科インプラントなど、体内に金属が入っている方は主治医及び放射線科に申し出てください。
  • 妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方は、主治医もしくは放射線技師に申し出てください。

造影剤を使用した検査を受けられる方へ
  • 造影剤を静脈注射して行う造影検査のある方は、造影剤使用に関する同意書が必要になります。
  • 主治医から造影検査の必要性と副作用の説明を受け、署名してください。

バナースペース

埼玉成恵会病院

〒355-0072
埼玉県東松山市石橋1721

TEL 0493-23-1221
FAX 0493-23-1220
メール service@seikei.or.jp