育成と恵愛の精神を持って信頼される病院を目指します。

TEL. 0493-23-1221

マンモグラフィ

乳がんとは

乳がんは乳房の中の乳腺にできる悪性腫瘍です。初期の乳がんに症状は無く、そのまま進行するとがん細胞は増殖して乳腺の外まで広がり、リンパや血液の流れにのって乳房から離れた臓器にも及びます。
日本では乳がんにかかる女性は年々増えており、現在では女性のがんの中で最も罹患率が高いがんです。30代から増え始め、40代後半から50代前半で罹患率が高くなります。
しかし、早期発見で適切な治療を受ければ、高い確率で治る病気でもあります。

乳房X線撮影とは

乳房のX線検査のことをマンモグラフィ(Mammography:MMG)と呼びます。しこりや石灰化を写しだす事ができます。
撮影にはマンモグラフィ専用の装置を使い、透明な板で乳房を挟んで、薄く均一に伸ばし広げて撮影します。これを「圧迫」といいます。きちんと圧迫することにより、良い画像が得られ、被ばく線量も少なくすることができます。
通常の検査では2方向撮影を行いますが、医師の判断により追加撮影を行うこともあります。

検査を受けるときは

乳房で気になることや乳房の手術歴がありましたら、撮影前に担当技師にお話し下さい。
制汗スプレーやパウダーなどは画像に写ってしまうことがありますので、付けないようにお願いします。
乳房を圧迫して撮影を行うため、痛みを感じることがあります。痛みの感じ方には個人差がありますので、無理せず担当技師にお伝え下さい。

自己検診とは

乳房の病気には自分で発見できるものがあります。月に1度は自己検診を行いましょう。
閉経前の人は、乳房の張りが少ない月経終了後1週間くらいの間に行うとよいでしょう。閉経後の人は毎月1回忘れない日に行いましょう。
自己検診を習慣にして、普段からの乳房の状態を確認していれば、小さな変化が生じたときに気付きやすくなります。

マンモグラフィ

マンモグラフィ画像マンモグラフィ画像マンモグラフィ画像マンモグラフィ画像

バナースペース

埼玉成恵会病院

〒355-0072
埼玉県東松山市石橋1721

TEL 0493-23-1221
FAX 0493-23-1220
メール service@seikei.or.jp