育成と恵愛の精神を持って信頼される病院を目指します。

TEL. 0493-23-1221

よくあるお問い合わせ


何度もレントゲンの検査をしていますが体に影響はありませんか?


まずレントゲンの検査はけがの状態、病気の経過を観察するため重要な検査です。被ばくによるデメリットよりも撮影することのメリットがあるため行います。当院の検査で使用する放射線量では、体に影響が現れることはありません。

※妊娠中、または妊娠の可能性のある方は検査を受ける前に医師と相談してください。


介助で一緒にレントゲン室に入りましたが大丈夫ですか?


介助の必要なご年配の方やお子さんの検査では付き添いの方にご協力をお願いすることがあります。放射線は検査する人の部位に照射します。介助で入る方には直接あたらなく、非常に少量の放射線ですので心配いりません。
付き添いの方には防護衣を着ていただいたり、被ばくを低減するよう努めておりますのでご安心ください。
放射線防護衣


レントゲンを撮る際時計、眼鏡は外しますか?

撮影部位によっては外さなくても大丈夫です。時計であれば手の関節、眼鏡なら頭部、頚部の検査であれば外していただきます。
胸部のレントゲンではネックレス、ボタンや金属のついた服などが写り込んでしまうので注意が必要となります。
ネックレスをしたまま撮影した写真


CTとMRIの違いって何ですか?


CTは放射線、MRIは磁力を使っています。形が似ていると思った方もいらっしゃると思いますが構造は全然違います。CTは放射線を多方向からあて、コンピューターで解析することによって細かいところを撮影することができます。
MRIは人の体の水分の磁力を利用しています。MRIは水分を多く含む臓器に適していますが骨や肺の中というのは苦手です。そこで骨や肺を得意とするCTを使います。

 CTの得意分野 MRIの得意分野 
脳出血
骨折
肺炎
脳梗塞
脳動脈瘤
椎間板ヘルニア 
 脳出血CT画像  脳梗塞MRI画像
頭部CT(脳出血)
白い所が出血
頭部MRI(脳梗塞)
白い所が梗塞 


膝のMRIを撮るのになぜ着替えが必要なのですか?


基本的にMRI室への金属の持ち込みは出来ません。金属のついた洋服は検査の妨げになることが多く、やけどを起こす可能性がありますので着替えていただきます。ただ洋服、下着に金属のないものは着ていて大丈夫です。

検査に関して不安なことや疑問のある場合はお気軽に放射線技師にお声をおかけください

バナースペース

埼玉成恵会病院

〒355-0072
埼玉県東松山市石橋1721

TEL 0493-23-1221
FAX 0493-23-1220
メール service@seikei.or.jp